MENU

施工例ギャラリー
Gallery

施工会社

kotori(豊川市)

コンパクトでも開放的に暮らせるSE構法の家
豊川市八幡町で人気店の『つるつるうどん定吉』を営むSさん。『kotori』のスタッフがいつもランチを食べに行っているご縁もあり、店舗の通りを挟んだ向かいに自宅を建てたいと相談したそう。
 「基本的にお店にいることが多いので、小さな家でいい」という要望から始まった新築計画。「コンパクトな空間をいかに広く見せ、かつ家族の気配を感じられるような空間にするか」をテーマに、48坪の敷地に延床25坪の2階建てを建てることになった。
 交通量が多い住宅地という立地条件を考慮して、暮らしの中心となるリビングダイニングを75センチ上げるスキップフロアを採用し、外からの目線と合わないように配慮。勾配天井を活かした吹抜けのリビングは、視線がタテ・ヨコに伸び、実面積よりも広く感じられる。また、カップボード兼用のダイニングテーブルやソファを造作することで、空間とコストの無駄を省き、室内と一体化させることに成功。さらに、堅牢なSE構法により大開口・大空間を実現し、延床25坪のコンパクトな家とは思えないほどの明るさと開放感をもたらした。。
 木の質感が好きという要望に応えて、外装も内装も無垢の木をふんだんに使ったS邸は、ご主人の人柄をそのまま表しているようなやさしい雰囲気の家に仕上がった。あまりにも心地よくて、リビングでよく寝てしまうのが唯一の悩みだそうだ。
メッセージ
無料資料請求はこちら
資料請求へ進む 0
最近の閲覧履歴
資料請求はコチラ(無料)