三河住宅総合館

資料請求・お問い合わせ
静岡県中東部の工務店・建築家と家を建てる
テイストで探す
ホーム > 家づくりの流れ

「家を建てる!」と決心したものの、何をどうスタートさせればいいのか分からない人も多いはず。
マイホームは生涯に一度あるかないかの大きな買い物。
プロセスをしっかり把握して、効率的に理想の家を手に入れましょう。

家づくりの流れ

1.土地の購入
1土地購入準備
不動産情報誌やインターネットで調べたり、希望地近くの不動産店を訪ねて情報収集をしましょう。地盤が悪いと改良工事が必要となるので、詳細は売主・仲介業者に確認を。
2土地売買契約
『重要事項説明書』の説明を受け、詳しく確認をしましょう。法規制により建てられない場合もあるので、建てたい家の概略が決まっていれば、建てられる土地なのかも確認を。
3土地登記
契約が済んだら、所有権の移転登記を行います。融資を受けている場合は抵当権の設定も必要になるので、申請は司法書士に依頼を。
4解体・整地
既存建物が残っている場合には、解体工事が必要になります。仮住まいの確保や、引越しの手配もお忘れなく。
2.プランニングから契約
1家族会議
家族全員で希望を出し合い、マイホームのイメージ作りをしましょう。この段階から第三者の建築士に相談することも有効です。
2情報収集
住宅会社や家づくりについての情報を収集しましょう。資料を取り寄せたり、構造見学会や完成見学会などのイベントにも積極的に足を運びましょう。
3マネープラン

業者任せにしないで、自ら金融機関に足を運びましょう。工事費の支払いと融資のタイミングが合うよう、綿密な計画を立てましょう。

4プランの検討
自ら間取りを考えることは、とても楽しい作業です。家族の意見をうまくまとめて、納得のいくプランを検討しましょう。プロの提案を柔軟に受け入れることも大切です。
3見積もり

気に入った住宅会社数社に、見積もりを依頼しましょう。ここで大切なのは、極力同じ工法・条件で見積もることです。

4依頼先の決定
さまざまな比較を行った後、依頼先を決定しましょう。自分たちのライフスタイルだけでなく、好みや考え方を理解してくれる会社がベストです。
また、依頼先の保証体制や、どのような保険に加入しているのかも確認しましょう。
3契約
施工業者と「工事請負契約書」を、建築士や第三者が介入する場合は「業務委託契約書」を締結します。事前に目を通して不明点は質問をし、すべてに納得してから署名捺印しましょう。
4実施設計
最終的なプランを決定しましょう。後で変更すると工事金額が変わるので、確認は念入りに。
3確認申請
工事着工前に、その計画が建築基準法などの関係法令に適合しているか確認するため、建設地の自治体に確認申請を提出します。確認を受けずに着工すると、罰則を受けます。
4住宅ローン申し込み
自分に合った借入先に申し込みましょう。申し込み時には、事務手数料・ローン保証料・印紙税などの諸費用がかかります。
3.工事(木造軸組み工法の場合)
1挨拶まわり
工事中は、どんなに注意をしてもご近所に迷惑がかかるものです。トラブルにならないよう、丁寧にご挨拶を。
2地鎮祭・地縄張り
工事の安全を祈願する儀式で、予算も数万円でできます。地縄張りにも必ず立ち会い、家の位置を確認しましょう。
3基礎工事
基礎工事は、家の強度を左右する大切な工事です。コンクリートを打つと後で補修するのは困難ですので、現場に足を運び確認しておきましょう。
4木工事
基礎に土台を敷き、柱と梁を組んで建物の骨組みをつくります。
3上棟式

工事関係者の労をねぎらい、竣工までの無事を祈って行う儀式です。地域によっては後の人間関係に影響が出る場合があるので、その地域の習慣を確認しましょう。

4屋根工事
野地板などの下地材の上に防水処理を施し、瓦やカラーベスト・金属板などの仕上げを行います。
3外壁工事

防水シートを張った後に、サッシを取り付け外壁材の下地をつくります。その後外壁仕上げ材を張り、目地の防水処理を行います。

4断熱工事
断熱材は、隙間なく施工されて初めて効果を発揮します。内装工事前に、隙間がないかチャックしましょう。
3配管・配線工事
電気配線や、ガス・水道の配管を行います。照明やコンセントの位置も決定するので、業者と位置の確認をしましょう。
4内装工事

プラスターボードや合板で、内装の下地を作ります。ここで段差ができると、仕上げがムラになってしまいます。

3建具・造作工事
ドアなどの建具や、キッチンや浴室などの設備機器を設置します。仕様書通りか確認をしましょう。
4仕上げ工事
一番たくさんの業者が出入りして、家を完成させます。仕上がり具合を必ず確認しましょう。
3竣工検査

竣工検査は、施主と工事関係者が現場で立ち会い、図面通りに完成したか、不具合はないかを確認する最終的な検査のことです。細部まで確認しましょう。

4外構工事
駐車場や門扉・フェンスを設置する工事です。完成後に計画される場合が多いですが、最初から計画するとトラブルも少ないです。
4.完成・入居
1完成・引き渡し
竣工検査で指摘した不具合が改善されたら残金を支払い、鍵と引き渡し書類を受け取ります。書類は、すべて大切に保管しましょう。
2登記・保険の加入
建物は、登記が終了して初めて名実ともに施主のものになります。大切な財産ですから、必ず保険に入りましょう。
3挨拶まわり
近隣と何のトラブルがなかったとしても、念のため工事のお詫びに伺いましょう。ご近所さんとは一生の付き合いですから、いい人間関係を築きましょう。
4メンテナンス・アフターサービス
施工会社のアフターサービスやメンテナンスについて、再確認しましょう。また、将来大きな修繕に対応できるよう、資金計画も立てておきましょう。
ページトップ