三河住宅総合館

資料請求・お問い合わせ
静岡県中東部の工務店・建築家と家を建てる
工務店で探す
一覧へ戻る

神谷綜合建設(豊橋市)

南側一面に窓を設けた2階LDK。緑の景観が一望できるよう窓の一部をFIX窓に。カミヤの家では、風通しやデザインを考慮して窓の配置やスタイルにこだわると同時に、断熱・遮熱ガラスを使い分けるなど、それぞれの住環境に最適な提案をしてくれる。キッチンの天井は色を変えて変化をつけ、TVの背面には調湿性に優れたエコカラットを使用した。

南側一面に窓を設けた2階LDK。緑の景観が一望できるよう窓の一部をFIX窓に。カミヤの家では、風通しやデザインを考慮して窓の配置やスタイルにこだわると同時に、断熱・遮熱ガラスを使い分けるなど、それぞれの住環境に最適な提案をしてくれる。キッチンの天井は色を変えて変化をつけ、TVの背面には調湿性に優れたエコカラットを使用した。

ナラ材の床と白い壁をベースに、オリジナルテーブルや梁の無垢材が温かみを感じさせる1階DK。テーブルの脇に設けたトースター用のニッチは工事中に奥様が思いついたアイデア。キッチンには明るさに配慮してトップライトを設置。カウンター下の蓄熱式暖房から室内全体に心地よい暖かさが行き渡る。

ナラ材の床と白い壁をベースに、オリジナルテーブルや梁の無垢材が温かみを感じさせる1階DK。テーブルの脇に設けたトースター用のニッチは工事中に奥様が思いついたアイデア。キッチンには明るさに配慮してトップライトを設置。カウンター下の蓄熱式暖房から室内全体に心地よい暖かさが行き渡る。

2階トイレの扉にはステンドグラスをはめ、洗面は陶器ボウルとモザイクタイルで華やかにコーディネート。

2階トイレの扉にはステンドグラスをはめ、洗面は陶器ボウルとモザイクタイルで華やかにコーディネート。

ご主人が夜遅く帰ってもご両親に気兼ねなく使える洗面室。裏には物干し場に続く勝手口があり動線も機能的。

ご主人が夜遅く帰ってもご両親に気兼ねなく使える洗面室。裏には物干し場に続く勝手口があり動線も機能的。

ポーチとテラスを一体化して広さを強調した玄関周り。深い軒と木の柱、そして、ポーチやベランダの手すりに用いたアイアンがアクセントとなってモダンな雰囲気を演出。

ポーチとテラスを一体化して広さを強調した玄関周り。深い軒と木の柱、そして、ポーチやベランダの手すりに用いたアイアンがアクセントとなってモダンな雰囲気を演出。

風通しがよく居心地の良い1階のリビングは2つの家族がいつも仲良く集う場所。お正月やお盆には親戚が15人以上集まることもあるため、大勢でもゆったりと寛げる広さを確保した。また、二世帯住宅なので節電をいっそう意識し、照明の効果的な配置や数にもこだわった。

風通しがよく居心地の良い1階のリビングは2つの家族がいつも仲良く集う場所。お正月やお盆には親戚が15人以上集まることもあるため、大勢でもゆったりと寛げる広さを確保した。また、二世帯住宅なので節電をいっそう意識し、照明の効果的な配置や数にもこだわった。

  • 南側一面に窓を設けた2階LDK。緑の景観が一望できるよう窓の一部をFIX窓に。カミヤの家では、風通しやデザインを考慮して窓の配置やスタイルにこだわると同時に、断熱・遮熱ガラスを使い分けるなど、それぞれの住環境に最適な提案をしてくれる。キッチンの天井は色を変えて変化をつけ、TVの背面には調湿性に優れたエコカラットを使用した。
  • ナラ材の床と白い壁をベースに、オリジナルテーブルや梁の無垢材が温かみを感じさせる1階DK。テーブルの脇に設けたトースター用のニッチは工事中に奥様が思いついたアイデア。キッチンには明るさに配慮してトップライトを設置。カウンター下の蓄熱式暖房から室内全体に心地よい暖かさが行き渡る。
  • 2階トイレの扉にはステンドグラスをはめ、洗面は陶器ボウルとモザイクタイルで華やかにコーディネート。
  • ご主人が夜遅く帰ってもご両親に気兼ねなく使える洗面室。裏には物干し場に続く勝手口があり動線も機能的。
  • ポーチとテラスを一体化して広さを強調した玄関周り。深い軒と木の柱、そして、ポーチやベランダの手すりに用いたアイアンがアクセントとなってモダンな雰囲気を演出。
  • 風通しがよく居心地の良い1階のリビングは2つの家族がいつも仲良く集う場所。お正月やお盆には親戚が15人以上集まることもあるため、大勢でもゆったりと寛げる広さを確保した。また、二世帯住宅なので節電をいっそう意識し、照明の効果的な配置や数にもこだわった。

コメント

無垢の空間に家族の個性を散りばめた二世帯住宅

 のどかな緑の風景にシンプルな和モダンの建物が映えて、ひときわ目を引くFさんの二世帯住宅。外観の見映えの良さにこだわり、エアコンの室外機さえも見えないように配慮。意匠的なアクセントともなっている深い軒は夏の暑い陽射しを遮り、冬は斜めから射す陽をたっぷり招き入れる。
 室内は1階がLDKや浴室などの共有空間とご両親のスペース。そして2階が子世帯一家のスペース。ご主人は交代制勤務のため、夜遅く帰ってもご両親に迷惑がかからないような間取りを希望。そのため、玄関を入ってすぐの所に洗面室と浴室、そして階段を配置した。1階のLDKは全部で約25畳もの広さ。「うちは親戚が大勢集まる機会が多いので、とにかく広い空間がほしくって……」とお母さま。旧宅同様の風通しを求めて窓の配置やサイズにこだわった結果、今年の猛暑もエアコンを殆ど使わずに過ごせたという。
 2階には南面いっぱいにベランダを設け、中央にLDKを配置。大きな窓からは深い軒をくぐって柔らかな陽が降り注ぎ、周囲の景観も一望できる。1・2階共に床や建具・家具を無垢材にこだわり、ナラやタモ、ウォールナットなど、それぞれの空間にふさわしい素材をセレクト。さらに、建具にステンドグラスをはめこむなどして家族の個性を随所に楽しく散りばめた。大きな家の隅々に至るまで家族の心配りが活かされた住まいは、2つの家族の仲睦まじさの象徴でもある。

 

■この家を建てた施工会社は
ページトップ